便秘女子におすすめ^^ イルチブレインヨガの弓のポーズで体の前後から腸を刺激^^v

便秘にお悩みの方にオススメのイルチブレインヨガの「弓のポーズ」を紹介します。

野生の動物も人間も、秋から冬にかけては栄養や脂肪を体内に溜め込み、寒さに備えます。しかし、春になると冬に溜め込んだものを一気に排出させるため、本能的に新陳代謝が活発になります。だから、春は、デトックスにぴったりの季節なのです。この時期こそ便秘を解消して、全身をデトックスさせたいところです。

今回紹介する弓のポーズは、デトックスにぴったりの動作です。うつぶせに寝ている状態で、両足の足首を手でつかみ、上体と足を持ち上げ、弓のような弧を描きます。

私たちはふだん、前傾での姿勢や動きばかりをしているため、背中の筋肉は刺激されません。弓のポーズを行えば、背中とお腹の筋肉の両方がバランス良く刺激され、内臓が活性化します。腸の働きが活発になる効果が期待できます。

春は気分がふさぎがちになる季節ですが、弓のポーズで全身を伸ばすことで、縮こまっている心もラクになります。弓の弧を作りながら、ゆっくりと呼吸をすることで、心にも余裕が生まれていきます。食事のときも腹八分で満足できるようになり、ダイエット効果にもつながります。イルチブレインヨガの弓のポーズでイキイキとしたカラダと肌を手に入れましょう。

<弓のポーズ>

1. うつ伏せになり、あごを床につけます。
 ひざを曲げて両手で足の甲をつかみます。
2. おなかだけ床につけて、上体と足を持ち上げ、弓の形になります。
3. 前後に体を揺らします。

効果:背骨のゆがみを整え、腸のぜん動運動を促す効果があります。背筋と中枢神経が刺激され、内分泌機能がアップしていきます。全身の疲労回復の効果もあります。とくに仕事などで長く座っている人に効果的です。

便秘女子にオススメ☆イルチブレインヨガの弓のポーズ

☆★☆滑らかな股関節が発揮するヘルシー効果☆★☆

骨盤と足を結ぶ股関節は、健康づくりに欠かせない部位です。股関節の動きをスムーズにする効果のあるイルチブレインヨガの体操を紹介します。

私たちの足をあらゆる方向に動かしてくれる「股関節」(こかんせつ)。歩く、走る、跳ぶなど、脚を使うほとんどの動作で、股関節が使われます。イスから立ち上がるときも、股関節が大きく動いています。

股関節は、太ももの「大腿骨」と、骨盤を結ぶところにあり、球状の形をしています。球状だから、本来は動きの自由度が高く、回す、ねじるなど、あらゆる方向へ自在に動かせるはずです。

ところが、足首やひざの動きがふだんから意識しやすいのに比べて、股関節の動きは普段なかなか意識しにくいです。そのため、ほぐされないまま放置されることが多く、いつの間にか動きが硬くなってしまいます。

また、健康な人は、脳から足へと気が流れていきますが、股関節が硬いと、気の流れが下半身に届きにくくなります。これは、冷えなどのトラブルの原因になります。さらに、股関節の可動域が狭くなることで、体を動かすたびに骨盤に重い負担がかかり、骨格全体がゆがみやすくなります。

イルチブレインヨガの体操で股関節をやわらかくして、足をつけ根からしっかり大きく動かせるようにしましょう。

<片足を前に上げる>

① 両足をそろえて立ちます。
② 片方の足はそのままで、もう片方の足はひざを伸ばした状態でゆっくり前に45度ほど持ち上げます。
③ 上げた足のつま先を体のほうに引きます。 ふくらはぎとひざの裏が引っ張られるのを感じながら体の中心を捉えます。
④ 下腹に力を入れて、上げた足を少しずつさらに上げます。 太ももに徐々に力を入れます。
⑤ 下腹、太もも上部、ふくらはぎの後ろに緊張を感じながら、心の中で1から10まで数えます。
⑥ 上げた足ををゆっくり下ろし、足を替えて②~⑤を行います。
滑らかな股関節が発揮するヘルシー効果☆イルチブレインヨガ

<片足を横に上げる>

① 両足をそろえて立ちます。
② 片方の足はそのままで、もう一方の足を、ひざを伸ばした状態でゆっくり横に持ち上げます。 この時、上体が反対側に傾かないようにします。
③ 上げた足のつま先を体のほうに引き、ふくらはぎと太ももの外側が引っ張られるようにして体の中心を捉えます。
④ 下腹に力を入れて、足を少しずつさらに上げます。
⑤ 心の中で10まで数えながら、下腹と太ももの外側、ふくらはぎの後ろに緊張を感じるようにつま先の引き具合と足の高さを調節します。
⑥ 上げた足をゆっくり下ろし、足を替えて②~⑤を行います。

※ 立っているほうの足の裏で重心が移動するのを感じましょう。バランスを取るのが難しければ、つま先を引く動作だけに集中します。バランスを取るのに慣れてきたら、つま先を引いた状態で足を上げて、足の裏の中心を感じてみます。
滑らかな股関節が発揮するヘルシー効果☆イルチブレインヨガ

みずみずしい桃で美肌効果^^v イルチブレインヨガの薬膳☆彡

スーパーなどで、色とりどりの果物が並んでいますが、中でも思わずゴクリ!となりそうな食べ物がありますよね。それは、「桃」!傷みやすいので、なかなか保存はききませんが、やはり旬の食べ物はジューシーで美味しいですね。今日はその「桃」を薬膳の観点から見てみることにします

a1180_014373.jpg

五味は甘、酸。五性は温、肝と肺が帰経です。

血行促進や潤す機能があるので、便秘や乾燥肌にもオススメです。温性ですので、冷房などで冷えた身体や乾燥した肌には効果てきめんかもしれませんね!肝と肺が帰経ということは、気を補ったり、くよくよとした感情にも作用して、バランスを取ってくれる食べ物と言ってもよいでしょう。水分もたっぷりなので、発刊しやすい夏にはとてもオススメですね。

桃はそのまま召し上がっても美味しいのですが、シンプルにゼリーや寒天寄せ、コンポートなどのデザートにしても美味しいでしょう。

また、桃の種:桃仁は、理血剤として、生薬として使われています。血の滞りをなくす意味合いですね。
また、桃葉は皮膚病に効能があると言われています。
まるごと薬になるのは、蓮と同じですが、食べやすさ、手軽さでは桃も見逃せないですね。
ぜひお試し下さいね。

8月セミナー ~「東洋ヒーリングセミナー」~

毎日、暑い熱い日々が続きますが。。。みなさま、熱中症など大丈夫ですか?

堺東スタジオでは、8月夏の暑さに負けない体作りを、全4回のセミナーでご提案させていただきました

まず第1回目は

8月9日(土)14時~16時                   場所:堺市総合福祉会館 4階 和室

東洋ヒーリングセミナー(オーラ撮影・診断と経絡マッサージ)」

東洋の伝統的な気学をもとに

自らできる養生法と気血マッサージで詰まった経絡を開き

停滞している体の疲れをほぐします

参加費:2000円(全4回ご参加の場合5000円)

 

 

イルチブレインヨガ堺東スタジオ

ご予約・お問い合わせは

072-227-0631


 

 

 

イルチブレインヨガの両手皿まわしで、二の腕ダイエット♪♪♪

夏に向けた気軽なダイエット法をお探しではありませんか?イルチブレインヨガの「両手皿まわし」なら、短時間で代謝をアップすることができますよ!

人間のカラダの関節は、動かさないままでいると、周辺の筋肉とともに固まってしまい、血流の悪化を引き起こします。血流の悪化は代謝をダウンさせるため、ダイエットにとっては大敵です。

イルチブレインヨガの皿まわしダイエットは、両手のひらの上に皿を置くか、あるいは置いていることをイメージして行うエクササイズです。お皿を落とさないようにバランスをとりながら、両腕や手で大きな円を描きます。別名「8の字描き」とも呼ばれています。

お皿を回す動きによって全身の関節がほぐれ、気血循環がよくなります。代謝がアップし、やせやすい体質へと変わっていくことができます。1日10分行うだけでダイエット効果が期待できます。

皿まわしは、お金もかからず、いつでもどこでも気軽にできます。家でも、散歩の途中でも、仕事の合間にも、時間や場所を選ばず実践できるので、忙しい方でもムリなくスリムボディがゲットできます。

とくに二の腕のタプタプを無くすなら、両手での皿まわしはオススメ。肩をほぐしながら、上腕部の筋肉とその周辺の筋肉が鍛えられ、二の腕が引き締まります。バランスが悪くならないように左右、同じ回数を、無理のない範囲で行うのがポイントです。

<イルチブレインヨガの両手で皿まわし>
(1)まっすぐ立って肩の力を抜きます。両手の手のひらを上に向け、手に皿を置いているとイメージします。
(2)腰を最大限に曲げ、わきの下で内側に円を描きながら回します。
(3)回した手が胸の前で再び出会い、両手を交差して腰を反らせながら、頭の上で大きく円を描きます。
(4)さらに皿を一回転して、もとに戻ります。
(5)3回繰り返します。

肩こり改善に イルチブレインヨガの 「皿まわし」❤

肩こりにお悩みのアナタに、イルチブレインヨガの「皿まわし」を紹介します。手のひらの上にお皿が乗っているとイメージし、それを落とさないようにして腕を大きく動かす脳トレエクササイズです。肩こり、首こり改善などの効果が期待できます。

イルチブレインヨガの皿まわしは、ボルテックス運動の一種で、腕のほか、首や肩、腰、足などを動かしながら、多様な曲線や渦巻き(ボルテックス)を描きます。それによって、関節のコリがほぐれ、全身のゆがみの改善へとつなげます。

関節は、エネルギーと血液の流れが滞りやすい場所ですが、皿まわしで詰まりをとることで、気血循環がスムーズになります。気血のめぐりが滑らかになれば、筋肉のこわばりも解消され、疲労物質がしっかりと排出されるようになります。

さらに、内臓機能や代謝の向上により脂肪が燃えやすくなるなど、ダイエット・美容の面でも効果が期待できます。また、脳への血液循環も良くなるため、心が平穏になるなどのメンタル面でのプラス作用も起こり得ます。とくに今回紹介する片手での皿まわしは、断絶していた左脳と右脳がつながり、集中力や創造力も高まっていくとされます。

皿まわしエクササイズは、いつでもどこでも気軽にできるというのもメリット。職場での気分転換にも最適です。1日数分でも続ければ、頭と体の柔軟性を大幅に改善できるはず。ぜひお試しください!

<イルチブレインヨガの片手で皿まわし>
① 足を肩幅に開いて右足を前に出し、左手の手のひらを上に向け、腰にのせます。
② 右手を右側に伸ばし、手のひらは上に向け、ひじは軽く曲げます。手に皿を置いているとイメージします。
③ 想像の皿を落とさないように、ゆっくりひじを外へ向けながら曲げ、下腹の高さで内側に半円を描きます。
④ わきの下を通ってS字を描きながら腕を伸ばし、皿を持ったまま、頭の上で大きく回します。手のひらの皿のバランスを維持することに集中し、手の動きを目で追います。
⑤ 3回繰り返し、反対側も同様に行ないます。

 

 

呼吸・瞑想・気功   堺東スタジオ

ご予約・お問い合わせはお気軽に^^❤

TEL072-227-0631

 

食事を減らさずにダイエットに成功^^ イルチブレインヨガ体験談

イルチブレインヨガを始めてから1か月で2キロやせたという女性(40代)の声を紹介します。

■■ イルチブレインヨガの体験談 ■■
「首から肩にかけてのラインがすごく変わった」
40代 女性

イルチブレインヨガに入会して1週間後、長年ずっと気になっていたが片づけられなかったクローゼットを片付けることができました

入会から1か月たった頃には、食事を減らしていないのに体重が2キロ減りました。首から肩にかけてのラインがすごく変わりました

☆      ☆      ☆

<痩せるコツは歪みの解消>
肥満の原因の一つとされるのが、骨盤などの歪み。骨盤のズレは、ポッコリお腹や下半身太りを招き、さらに、肩こりや首こりを引き起こしがちです。

骨盤の歪みがあると、整体などに通うことを考えがちですが、それでは抜本的な解決にはなりません。大事なのは、自分で自分の歪みを整えられるクセをつけること。「歪まない体質」あるいは「歪んでも自分で矯正できる体質」をつくることで、ダイエットは成功しやすくなるのです。

イルチブレインヨガでは、骨盤をはじめとする骨格の歪みやズレを自律的にアジャストできる体質をつくっていきます。イルチブレインヨガで自己完結型のダイエットスタイルを習得しましょう!

運動は脳にいい!!^^

■運動が脳にいいワケ

運動が脳にいい理由は、運動によって全身の血行が良くなり、脳への血液の供給量も増えるということです。それにより、酸素やブドウ糖がスムーズに脳に運ばれるようになり、脳細胞全体が活性化します。

脳活性とともに、さまざまな神経伝達物質が脳内に増え、それを受け取るためのホルモン受容体の数も増加します。すると、脳の中での情報伝達がスムーズになり、脳の機能が向上するのです。これが、運動による脳のアンチエイジングのメカニズムです。

■脳活性に特化したエクササイズを体験しよう!

イルチブレインヨガは、ダンワールドの30年以上にわたる脳科学の研究と実践をベースにしており、脳のアンチエイジングには最適な運動です。

簡単なヨガの動きを組み合わせて、ふだんの生活ではあまり使われない筋肉をバランス良く刺激することで、脳を効率よく活性化します。気エネルギーの流れに乗りながら体を気持ちよく動かすことで、「脳幹」や「大脳皮質」などを目覚めさせ、脳の潜在能力を引き出していきます。

❤4のつく日はヨガの日❤

7月4日(金)はヨガの日です♪

体験がなんとワンコインの500円!!
体験予約 受付中です^^

呼吸・瞑想・気功    堺東スタジオ

体験のご予約・お問い合わせは
TEL072-227-0631