腸とへそをほぐす!健康講座

 

誰でも簡単にできる健康法をご紹介します 人はみな、おへそを通してお母さんのお腹の中でエネルギーや愛を、もらっていました。つまりへそは生命の始まりです。「へそヒーリング」は、お母さんのような絶対的な愛で自分をヒーリングする健康法です。 体の全てと神経で繋がっているおへその周りをほぐすと、簡単に全身の緊張がほぐれ、感情までほぐすことができます。

また腸も刺激されるため、しあわせホルモンの「セロトニン」が沢山分泌されるので、続けて「へそヒーリング」を行うことで、不安や迷いが解消される方が実際に多いです。 あなたも「へそヒーリング」で自分の健康を自分で守り、地球まで癒すヒーリングライフを始めてみませんか?

 

 

効果:便秘・むくみ・冷え性・肩こり・腰痛改善・心の安定・脱メタボ・ダイエット

日程:12月4日(日)・10日(土) 場所:堺市立栂文化会館 

内容:へそヒーリング・体操・基本原理とやり方

時間:14時~16時  参加費:1,000円

 

 

 

へそヒーリングで体ポカポカ

そろそろ体も冬を迎える準備が必要な時季ですね

体の外から暖かくすることも大切ですが、体の内側から温かくしていくこと。

イルチブレインヨガでおすすめするのが、腸運動とへそヒーリング。

  • 腸運動でお腹を動かすと、腹部の血液循環が促され、全身まで巡る動きが活性化。                    まず、冷たかった手が温かくなり、そのうち体全体までポカポカ。
  • へそヒーリングバーでへそを直接ポンピングするへそヒーリングでは、ダイレクトにお腹の深層部まで刺激され、血液循環が活性化され温かくなってきます。ヽ(´▽`)/

腸内環境を整えることが、元気の源だということは 常識になってきています。

お仕事や家事を気持ちよくこなして、毎日を楽しく過ごすための ちょっとした工夫。

手軽に健康回復「おへそヒーリング」♥

 

お臍は体の中心であり、お臍は人の原点でもあります

お臍は「万病を癒す特効ツボ」とも言われてそこを優しくヒーリングすると内蔵が活性化して体がポカポカになり、免疫力も高くなります

またお臍の周りにある小腸で幸せホルモンであるセレトニンの90%が作られます

ストレスによる便秘、下痢の解消、睡眠不足、疲労回復にも効果があります。

短時間でお臍の周りお優しく真心で押さえるだけで体の変化!心の変化!が期待できます

是非とも皆さんにも体感してほしいです

春からヨガの始め時 始めてみませんか!!

普段から何か身体が重くて・・・・そんなあなた今がヨガを始めやすい時期です!

無理なく体を動かして体温、基礎代謝を上げえて体のリセットしませんか。

関節に詰まりをほぐし、筋肉の緊張をほぐし、経絡のツボを開くと心も体もほぐれてきますヽ(´▽`)/

また、集中力向上、運動不足解消、やる気なども期待出来ます!!

ヨガを始めたいけど、体が硬い方でも大丈夫ですよ(^^)

体験者Kさん50代女性

長年朝起きた時から、背中に鉄の甲羅を背負ってる様に重くて、疲れていて毎朝、栄養ドリンクを飲んでたけれど・・・・
それでもしんどい状態の日々でしたが、このヨガを始めて、背中が軽くなって随分楽になり「栄養ドリンク」は飲まなくても良くなりました!!
更に心理面でも行き詰まっていて、いつ鬱になってもおかしくない状態で長年過ごしてきましたがヨガにより脳波が下がりストレスが発散され
怒りモードの度合いが随分少なくなりましたヽ(´▽`)/
ヨガのお陰で心身共に限界ギリギリで過ごしていた毎日から、救われた日々を送れる様になった事に感謝する日々です(^^)♥

春の薬膳

日に日に陽が長くなり、春の兆しが感じられますね。
まだまだ寒いですが、季節は確実に春の陽気に満ち溢れています。

陰陽で、陰が極まる冬から、陽気が一気に上昇する春。ここから陽の頂点に向けて、ぐんぐんと自然界の陽気が増してきます。物事は進展し、草花は芽吹き、風景も自信と光が溢れ出します。
春になるだけでワクワクして楽しい気分になる反面、自分自身の身体が追いついていかない…冬から春にうまくチェンジできず、体調を崩す方もいるでしょう。気持ちの上で不調が多いのもまた春の特徴なのです。

人それぞれにコンディションは違いますから、本来の薬膳というよりは一般的な季節の養生の話になりますが、注意のポイントをいくつか挙げたいと思います。

春の味は酸ですが、酸味は「生発の気を妨げる」とも言われます。すなわち、酸味=収れん作用があるため、伸びようとする力を抑えようとしてしまうからだと言われます。春の五臓である「肝」は多くの作用を持っています。酸味を摂り過ぎて働きを抑えすぎてしまうと、肝が勢いが強くなりすぎて、バランスが悪くなり、脾胃を痛めることにもつながっていきます。

こんな時期は、生来の甘みをもっている野菜や食材で癒やされて。
たけのこ、蓮の実、ゆりねなど芋類、穀類、豆類などは特にお勧めです。

また、陽気が上昇するにつれて自然に肝が昂ぶりますので、余分な熱を取り、悪いものを外に出してくれるものもお勧めです。菊花、セロリなど苦味のあるものもいいですね。お茶ではジャスミン茶や緑茶でしょうか。