みなさんは普段、どれほど多くの
感情を消費しながら生きていますか?

目を閉じて今の自分の状態を
眺めてみてください。

泣いても笑っても腹が立っても、
その感情が過ぎてしまえば
つい先ほどまでの自分が
どんな感情を感じていたのかは関係ありません。

今は、そのような感情がもう
存在しないからです。

過ぎ去った感情に縛られるより
今の自分を眺めて
愛してあげましょう。

一指 李承憲(イ・スンホン)