過去37年間、
私は数え切れないほど多くの人々に、
同じ質問をしてきました。「あなたが本当に願っていることは何ですか?」

人によって答えは様々でした。
しかし、より深く掘り下げると、
千差万別だった答えの裏に
共通して存在するものがありました。

人々の究極の願いは、
大金やかっこいい車、高価な服、高い地位
のようなものではありませんでした。

彼らが本当に願っているのは、
一人の人間として独立して
自由に生きているという感覚、
愛し愛されているという感覚、
理想とする自分を実現しているという感覚、
大切で有意義な人生を送っているという感覚、
よりよい世界をつくるのに貢献しているという感覚。

つまり、自分の存在意義と価値の実現から
もたらされる内面の満足感や充足感でした。

一指李承憲著『人生120年の選択』より